忍者ブログ
中年と呼ばれる年齢。。。しか~し!そこから始まる何かもある!そんな日常です(^_-)-☆
[205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195]

2017/12/18 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2008/01/10 (Thu)
1月6日に亡くなった。

あまりにも突然で、微妙な立場の私はいったいどうすればいいんだろう?と悩んだけれど、戸籍上は妻の身、やはりお手伝いに行かなければと
子供だちを連れ行ったものの、今や会場の人が何もかもしてくれるので、何も手伝うことなんてなく、親戚が少ないため身内として式の会場で並んだ。

通夜と葬儀、こんなにも悲しくない式は初めてだった。
そんなに親しくない方の葬儀でも、涙が出ていたのに。

式の間中、良かった思い出だけを思い浮かべてはみるものの、どうしても
許せない言葉が頭をよぎってしまって、ほんま何のために出てきたんだろうって・・・

しかも親戚の人たちには、冷ややかな目で見られるし・・・まあ覚悟はしていたけれど・・・

息子は息子で、跡取りには違いないんだからと、通夜の後、父親と一緒にお線香の世話をするように言うと、怒ってしまって・・・結局残らないで、一緒に帰ってきてしまった。

まったく、いつかはこんなこともあるんだから、このまま宙ぶらりんではいけないんだなあ。。。と

でも、弱りきった義母の姿には、今までの嫌な思い出よりも、手助けしてあげなくては!!と、またまた中途半端な同情が沸いてきてしまった。

そんな中、何がどう引き合わせてくれたのか、会場の職員の一人が、学生時代の友人にソックリで、もしや?と思いつつ、常に目で追って見ていた。
なにしろ卒業以来、まったく連絡も取っていなかったし、一度も会っていなかったから・・・

通夜が終わり、お茶を注ぎに来てくれた時
「失礼ですが、もしかして・・・マコ?」と・・・
「やっぱ、ルミ?」
なんか変に盛り上がってしまった。

短い会話の中で、彼女は離婚したことや、子供が3人いることをつらつら話しをして、メールアドレスの交換をして、去っていった。

微妙な立場で式に出たけど、本当だったら友人にこんな姿見られたくないって思うのに、何故か彼女がいるだけで、通夜も葬儀も救いだった。
顔を合わせる度に二言三言、言葉を交わし、きっと近いうちに、何処かでゆっくり話しをしようね・・・と、あれから28年の年月、お互い色んなことがあったよね。

これも、きっと神様が引き合わせてくれたんだから、これからはちゃんと連絡とって、大事にしていかないといけない縁だよね。




PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フリーエリア
最新コメント
(01/26)
(01/09)
(12/09)
(11/26)
(11/22)
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
masako
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.